医師が転職先を見つけようと思えば、ハローワークや友人・知人からの情報、医師専門の転職サイトなどいくつか方法があります。
これらの方法を使えば医師の求人情報は手元に集まってきますが、好条件な求人を見つけようと思うとなかなか難しいのが現実ですね。

さらに医師が仕事をしながら転職先を見つけようと思うとかなり大変。
なぜなら忙しい時間をぬってハローワークや転職サイトの求人情報を収集し比較・検討したり、給与や福利厚生などをチェックしなければならないからです。

ここでは医師が優良求人をどう探せばいいのか、その注意点や見つけ方についてまとめています。

  ハローワークの求人情報は偽情報に注意

ハローワークで医師の求人情報を探したいなら、求人情報の内容に関してしっかりとした確認が必要です。
現在ハローワークに寄せられている求人件数は約108万件。
それら求人情報に対して約4千件の苦情が入っていますが、実態はさらに酷いのでは?と指摘されています。

求人票の内容を信じて面接を受けてみると求人票とはまるで違う条件が提示された、労働者にとって不利な条件で入職したなど求人票の内容と実態が合っていないという被害が報告されています。
ハローワークで常に出ている医師求人や評判の良くない病院からの求人には用心した方が良いですし、面接時に入職後の条件をしっかり詰める(できれば書類を作ってサインをもらう)方が後々のトラブルを防ぐ事ができます。

  優良求人はなかなか見抜けない

ハローワークや友人からの口コミ、紹介で転職先を探す場合、好条件の求人情報を選別するのは至難の業です。
耳に入ってきた転職先の情報がどこまで正しく、また本当に条件の良い転職先なのかを見抜くのは難しいもの。

多くの実績ある有名病院、名医と呼ばれる病院は人気があり、転職したくても求人情報そのものがハローワークや友人、知人の口コミで流れてこない事がほとんどです。
人気のある精神科医などの医師求人は表に出てもすぐに埋まってしまいますし、公表する前に枠が埋まってしまうのが実状。

優良求人に巡りあえない、また、目の前の求人情報が優良求人であってもそれに気付けない状況では、転職成功の可能性は下がってしまいます。



  医師の転職専門のコンサルタントに相談する

膨大な数の求人情報の中から希望する条件に合致し、さらに給与や勤務環境の整った優良求人はどう探せばいいのでしょうか?
医師の就業に関する支援を行っている公的機関医師専門の転職サイトを利用すれば、専門のコンサルタントが医師が転職に望む条件や希望、具体的なスキルアップ、キャリアアップから最適な転職先を複数紹介します。

病院やクリニックだけではなく介護施設や一般企業など幅広い求人から優良求人を紹介してくれるので、意外な所から道が開ける事も。

一人で転職先を探すより好条件の転職先が見つかる可能性も上がりますし、仕事をしながら転職先を探せるため手間がかからないのも嬉しい点です。

画像出典元:https://www.dr-10.com/