医師が転職を成功させるには、求人情報の収集と内容チェックはもちろん、以下のような事務連絡や雑事を行わなければなりません。

1・求人情報の比較検討

2・転職を希望する病院やクリニックへの問い合わせ

3・面接の設定、履歴書の作成

4・条件交渉、給与交渉

5・入職日の調整

6・勤務先の退職日・退局日調整

これら作業を行うためにはまとまった時間が必要です。
ところが仕事をしながら転職先を探している医師にとって、これら作業はかなり煩わしいもの。
できれば誰かに代行してもらいたいと思うのが本音でしょう。

もし仕事をしながら転職先をスムーズに探したいなら医師専門の転職支援サイトを利用するのが賢い方法です。
専任のコンサルタントがつき、医師一人一人に合った転職先をピックアップして紹介してくれますし、紹介された転職先は離職率の低い優良求人なので安心です。
ほかにも医師専門の転職支援サイトでは、以下のようなサポートを行っています。

履歴書の添削や面接のマナーもチェック

医師の転職には欠かせない履歴書や職務経歴書。
ところが「履歴書を書いたのは、一体いつの事だっただろうか?」と頭を抱えてしまう医師も少なくありません。
履歴書を何度も何度も書く医師はほとんどいないはず。

普段から書き慣れない履歴書を綺麗にまとめて転職先の担当者に好印象を与えるには、やはりコツがあります。
転職支援サイトのコンサルタントはそのコツを心得ていますので、履歴書を添削してもらい適切な表現に言い換えれば印象もグッと良くなります。

さらに面接で想定される質問に対する適切な回答、面接時のマナー、服装の注意点、髪型など細かい点まで指導が可能なので、面接に不安のある医師はコンサルタントからじっくりアドバイスを聞き対策を考えると良いでしょう。

医師が最も苦手な条件交渉も代行

普段から専門的な仕事に関わる医師にとって、金銭の絡む現実的な話しに苦手意識をもっている方も少なくありません。
面接官と入職後の条件を交渉したり、給与のアップをお願いしたりと言った交渉は、不慣れな上に下手な事を言うと不採用にされかねないという不安もあり言いたい事が言えないまま終わることも。

面接で入職後の待遇について細かい面まで聞くのはちょっと……と思えば、内定が出た後に条件をしっかり確認できればいいのですが、それもなかなか難しいものです。
多忙な医師であれば、さらに難しくなります。

そこでお勧めしたいのが転職支援サイトの利用。
コンサルタントに条件交渉や給与交渉を一任すれば、希望する条件を提示して入職後の条件がさらに良くなるように交渉してくれます。
さらに入職後の給与額や休日数、福利厚生などをまとめて書類を作成し、双方のサインをもらって手渡してくれる転職支援サイトなら万全ですね。