いざ転職となると「できるだけ高額な年収が欲しい」「もっと条件の良い転職先を見つけたい」と欲が出て、結局、転職先が見つからなかったというケースもあります。
人間誰でも「もっと、もっと」と欲が出るのは当然。
けれどその欲が出過ぎると思わずトラブルに繋がる事もあります。

医師が転職を成功させるためには、医師の市場価値を見抜き最適なアドバイスやカウンセリングが出来るコンサルタントの存在が不可欠。
そのためには医師専門の転職サイトを使うのが一番です。

  医師のキャリアや適性を第三者が見抜くメリット

もし医師としてのキャリアが十分ない方が「最低でも年収1,000万円は欲しい」と言いだすと、なかなか転職先が決まらなくなります。
過疎地の病院や介護施設、または美容整形の世界であれば若い医師でもそれだけの年収が稼げる転職先もあるでしょう。

ただ、高年収を目指すのであればある程度のキャリアや実績がある方が有利です。

もちろん若い医師が高年収を望んではいけない、というわけではありません。
ただ医師のキャリアに釣り合わない条件を提示してしまうと、転職しにくくなるのも事実です。
コンサルタントは医師の実績やスキルに見合った求人情報をじっくり選んで提示してくれるのでミスマッチが少なく、満足できる転職先をスムーズに見つけられるメリットがあります。

  固定観念からの脱却

「ずっと内科医師として頑張ってきたから、転職先も内科が良い」と思うのは自然な事ですが、内科クリニックへの転職だけが最善の道ではありません。
介護老人保健施設を始めとする高齢者向けの介護施設や一般企業、保健所、製薬会社への転職を薦められるケースもあります。

「え?なぜ?」と思うかもしれませんが、コンサルタントは医師のキャリアや実績だけではなく、人柄や志向などもきちんと見ています

高齢者の健康管理は難しく、急変時はもちろん小さな変化を見逃さずに適切に対処しなければなりません。
すでに十分なキャリアがあり、キャリアなりの高給与を望む医師に対して介護施設の求人が紹介される事もあります。
「医師の勤務先は病院かクリニック」という固定観念をもっている医師にとっては、目から鱗でしょう。

じっくりカウンセリングで転職先を選べる

転職サイトには毎日、医師の求人情報が多数寄せられています。
医師不足の地域も少なくないため、完全な売り手市場となっています。

けれど、本当に医師が納得できる優良求人は限られてきます。
優良求人の中から医師の希望に合う転職先を見つけるには、カウンセラーと医師とがじっくり話し合い、本気で納得できる転職先を医師が自分で決める必要があります。

コンサルタントはそのサポートを行うのが役割。
コンサルタントと二人三脚で進む事が医師の転職成功の鍵となるのです。