医師の転職には様々な体験談があります。
転職成功のためには成功例をチェックするのも良いのですが、それ以上に失敗談を聞いておく方が反面教師にしやすく参考になります。
このページでは医師の転職失敗例を紹介します。

高給与だけに釣られてしまう

転職先探しをしている時に「年収2,000万円」という条件を提示されたら、やはり気持ちが揺らぎますね。
医師の中には現状の給与に満足出来ない方もたくさんいるので、高給与職場へ転職したいと思う方は少なくありません。

ところが高い年収に目がくらみ、他の条件や労働環境を細かくチェックせずに入職して後悔するケースもあります。
例えば高給与に釣られて転職してみたものの、激務続きの病院でまともに休みも取れず、残業続きで体がもたなかった、という事例があります。

さらに転職してみたら「年収2,000万円は医師のスキルやキャリアを勘案しての最高額。先生くらいのレベルなら年収1,000万円が妥当」
などと言われて、泣く泣く言われたとおりの年収で働くはめになる……なんて事も。

どうしてこんな失敗をしてしまうのでしょうか?
高給与の職場は確かに魅力的なのですが、高額な給与を支払ってまで医師を求めている事の裏には深い事情があるはずです。
過疎地で医師が来てくれないケースでは、生活に不便な地方での生活が待っています。
奥さんやお子さんが田舎暮らしに馴染めず、結局単身赴任になってしまう場合もあります。

高給与職場だからと言って飛びつかず、その裏にある事情を良く考えてみましょう。
激務の職場、過疎地の病院、そもそもそんな高額年収が嘘など、何か理由があるはずです。

知人のツテで入職して失敗

知人や友人から紹介された病院へ転職するのは、とても安全な気がします。
「大変良い病院だ」と言われれば疑いなく信じてしまいますね。

ところがそれが落とし穴。友人にとって良い病院であっても、転職する医師にとって良い病院かどうかは分かりません。
また知人・友人から紹介された病院を断わるにも勇気がいります。

結局断りきれずに転職し、後悔するパターンも。
例え友人からの紹介でも、転職支援サイトで病院の実態を良く把握してから返事をするようにしましょう。

人間関係の良くない職場だった

給与も休日数も福利厚生も何一つ不満はないけれど、実際に転職してみるとパワハラの横行する職場で直属の上司から毎日罵倒される日々。
看護師も我が強く付き合いにくいタイプが多く、毎日気分が落ち込む……。
こんな失敗談も聞きます。

求人票には給与などの待遇がしっかり記載されているので、単純に他の求人と比較すれば条件の良い転職先は見つかるものです。
けれど病院やクリニックの人間関係や雰囲気は求人票に一切記載されていません。

人間関係が良く長く勤務できる職場情報は、転職支援サイトに問い合わせるのが一番です。
失敗のない転職は、事前の情報収集にかかっているのです。