医師の求人情報はハローワークや医師専門の求人サイトなどに毎日たくさん寄せられていますが、大量にある求人情報のうち、本当に働きやすい条件の良い転職先は限られてきます。
医師の離職率が低く、評価の高い病院は「優良求人」とされており、表に出ないまま求人枠が埋まってしまう状況です。
ではなぜ優良条件の求人情報が表に出ないまま、求人枠が埋まってしまうのでしょうか?

秘密裏に医師を募集したい

医師の求人募集が公開されると
「A病院は外科医師を3人も採用するらしい。近いうちに外科の診療科目が増えるのでは?」
「B病院は医師の募集が10名もかかっている。もしかすると医師が集団で辞めるのかもしれない」
など、様々な憶測をされる可能性があります。
他の病院から要らない邪推をされないために、求人情報を表に出さずに医師を確保したい病院があるのも事実です。

医師を新たに募集する時は、どうしても福利厚生や給与面などの条件を公開しなければなりません。
もし今所属し活躍している医師よりも好条件で新人医師を募集した場合、現行の医師が反発して辞めてしまうリスクもあります。

このような理由で秘密裏に医師を募集したい場合は「非公開求人」となり、求人サイトで情報が一切公開されないまま枠が埋まってしまうのです。

求人情報が表にでると事務が忙しくなる

有名病院など人気のある病院が医師を募集した場合、あっという間に100人、200人の希望者が殺到します。
それだけの数の医師が殺到すると、履歴書や職務経歴書をチェックするだけでも大変です。

病院は通常の業務も行わなければならないので、医師の採用で事務所が混乱するのは避けたいもの。
そのため人気のある病院は医師募集を表に出さず、おつき合いのある医師専門の求人サイトに医師の紹介をお願いします。

会員登録された求職中の医師の中から条件に合う方を紹介してしまうので、人気求人は表にでないまま枠が埋まってしまうのです。
これでは転職支援サイトの情報をどれだけつぶさにチェックしても、優良条件の求人情報を掴む事はできません。

非公開求人を紹介してもらうなら会員登録が前提

医師専門の転職支援サイトには、サイトに掲載されない優良求人が必ずあります。
サイトによっては求人全体の約7割が非公開求人(優良条件の求人)になっているケースもあるほどです。

求人には乗らない情報を提供してもらうには、まず会員登録をしてコンサルタントと転職に関する希望や条件を伝える事。
コンサルタントとの信頼関係が出来ると優良求人を紹介してもらえます。