現在勤務している医局や病院を退職・退局する時は、何かしらトラブルが起きる可能性もあります。
特に医師不足に喘ぐ病院やクリニックほど、医師を引き止めようとアレコレ交渉しようとします。

そのような交渉や脅しに屈する事なく、スムーズに退職するにはどうすればいいのでしょうか?
このケースでも転職支援サイトを利用すれば退職・退局のタイミングや理由を、コンサルタントが親身になってアドバイスしてくれます。

無難な退職・退局の理由はやっぱり「家庭の事情」

病院や医局を辞めたい理由はいくつかあるでしょう。
「給与が安すぎる」
「激務過ぎてついていけない」
「院内の人間関係が良くない」
など、勤務先の問題で退職に追い込まれるケースも多々あります。

ところがそれらの理由を素直に告げると「給与が安くても頑張っている医師もいる」と引き止めに遭う可能性が高くなりますし、同僚の医師や院長から「わがままな奴」と反感を買うリスクもあります。
職場を辞める時は本音を極力隠し、「家庭の事情で」「自己都合です」と医師の側に理由があると告げる方が、周囲と無駄な波風を立てずに辞められます。

「家庭の事情とは?」「自己都合とは?」と聞かれれば「親の介護のため」「地元に帰って地域医療に貢献したい」など、現職とは関係ない理由で辞めるとなると引き止めにくくなります。
「キャリアアップのために」等自己啓発のために辞めたいとなれば、やはり引き止めにくいものです。

医師の転職では、現職をいかにスムーズに辞められるかが成功を左右するケースもあります。
退職できないままズルズル仕事を続けてしまうようではいけません。
退職、退局で揉めないためにも転職支援サイトを上手に活用しましょう。

転職支援サイトは退局や退職までサポート

医師専門の転職支援サイトは、転職先の斡旋や各種事務連絡、入職条件の調整だけが仕事ではありません。
スムーズな退職・退局のために適切なアドバイスも行います。

無難な退職理由を教えてくれたり、退職・退局までのスケジュールをアドバイスしてくれます。
医師が職場を辞めるためには、3~6ヶ月前に退職の意向を伝えておかなければなりません。
1ヶ月前ではさすがに遅すぎます。

退職の意向は上司に直接伝えます。
上司に伝える前に他のスタッフに言ってしまうと、悪い噂が流れて立場が悪くなる可能性も。
一度言った言葉は二度と取り消せませんので、退職すると決めたら慎重な対応・言動を心がけましょう。

退職するまでの間、病院や医局への不満や悪口は言わないように表向き「円満退職・退局」を演出するのも重要です。